男子校、高専、工業卒などで女性や恋愛が苦手な人が恋愛工学を使って彼女やセフレを作るためのメディアです

恋愛

横浜野毛のナンパで初めてお持ち帰り成功した!

更新日:

ナンパを始めて約3ヶ月が経過した9月のある日、ようやく初のお持ち帰りをすることができましたのでご報告します。

週末ではない平日の19時頃、買い物帰りに、ナンパするつもりもなく一杯飲もうかと野毛を一人で歩いていました。

そんな時、珍しく一人で歩く若い女性を発見しました。

ぱっと見、休日のOLのようなラフな格好をした160cmくらいで細身のちょっと茶髪のボブで可愛らしい感じでした。

なんか気になったので、しばらく後ろをつけてみました。(←完全にストーカーですね。。。)

すると、野毛の街をぐるぐると2週くらいしました。

んん?これは、と思い、違う道から先回りして、通りすがりのふりをして声をかけました。

仮にこの女性を「みほ」と呼びます。

私「これからどこ行くんですか?」

みほ「ちょっと飲みに。」

私「行くところ決まってます?」

みほ「飲めればどこでもいいです。」

おおー、確実に一緒に飲みに行ける展開。

私「じゃぁ、僕がよく行く焼肉屋行きません?ちょっとディープな店ですが。」

みほ「いいですよ。」

ということで、一緒に店まで歩いて行きました。

一軒目では、お互いホッピーを飲みながら、私が肉を焼いてあげました。

互いのお仕事や状況、年齢などを話しました。

近くで顔を見ると、美人というほどでもないですが、目がぱっちりして可愛らしい顔をしています。

27歳の無職で求職中だそうです。

かなりのお酒好きで、ウィスキーが好きとのこと。

ということで、

私「ウィスキーが飲めそうなオーセンティックバー行こうか。」

みほ「うん!行きましょう。」

となりました。

焼肉屋は2人で3,000円程度だったので、私が払いました。

2、3分歩いてバーに入ります。

平日なので、とても空いています。

奥の方のソファに向かいあって座ります。

さっそくみほが好きなウィスキーをロックで二人分とつまみの漬物とチーズを注文。

飲んでみると、きっつーいお酒です。

ふらふらになりそうです。

この店での会話は音楽などの趣味の話。

めちゃくちゃ趣味が合うことが発覚。

かなりマニアックなバンドがお互い好きで、

私「これ運命じゃない?」

とまで言ってしまいました。

みほ「初めて会いました。〇〇好きな人。」

ということで、この店でかなり意気投合。

もう一杯ずつウィスキーを飲み、店を出ることに。

ここでの会計は思ったより高く、6,000円。

みほからは2,000円もらいました。

店を出て少し歩くと、おもむろに私から手をつなぎました。

全く抵抗なし。嬉しくなって繋いだ手を前後に揺らします。

私「もう一軒行こうか。」

あとから思い返すと、別にもう一軒行く必要はなかったかもしれません。

この段階でホテルに連れていくこともできたかもしれません。

ですが、十分に距離が近づいた自信が持てなかった私は、とりあえず次の店に行く提案をしました。

入ったのは新しめのアメリカンバー。

お客さんがほとんどいなくて、奥の席のソファは死角になっているため、「これはいい。」と思って座らせてもらいました。

2人とも普通にカクテルとフィッシュアンドチップスを頼みます。

前の彼氏の話などをしているうちに、みほはかなり酔っている様子で私の肩によりかかります。

みほ「今日は帰らない。」

と言い出します。

おおー!夢に見たお持ち帰りか?

私「じゃぁ、どこか行く?」

みほ「うん。」

ということで、店をでることに。

ここでも3,000円くらい使いました。

「どこか」というので伝わった模様。

普通に福富町あたりのラブホに入ります。

宿泊は安い部屋が埋まっていて、8,000円くらいの部屋になってしまいました。

みほからは3,000円もらいます。

部屋に入ってからのことはご想像にお任せしますが、

結論からいうと、射精できませんでした。

数分勃起して挿入はできるのですが、途中で中折れしてしまうんです。

相当酔っ払っていた状態だったからだと思います。

また、みほはおっぱいがちいさく、体の肌がそこまで綺麗ではなかったのも、興奮できなかった理由かもしれません。

とはいえ、みほを満足させるために、手マンやバイブを使っていろいろしてあげると、何度かイッたみたいでした。

いちゃいちゃしている時に言われたのは、私の顔がかっこいい、ということでした。

どうやら、たまたま私の見た目がタイプだったようです。

最近、ファッション、髪型、ヒゲなどに気を使っているのが効果があったのかもしれません。

水を飲みまくって数時間寝て、朝7時頃に再チャレンジしたのですが、やはりだめ。。。

諦めて8時頃にでることにしました。

「また飲みに行こうね。」と言って駅のホームで別れました。

その後どうなったかというと、翌日にLINEで数回やりとりしたのですが、その後私のほうがやる気がなくなり、1週間ほど放置してしまいました。

するとLINEをしても返ってこなくなってしまいました。

みほが頭を冷やして考えて後悔をしたか、私が射精しなかったことで嫌われてしまったか、どちらかかなと思います。

もしかしたら、すぐに再会してしらふでセックスしてしっかり射精していれば名誉挽回できたかもしれない、と後悔しています。

1度のセックスのために、15,000円〜20,000円を使ってしまいました。

とはいえ、初めてナンパでお持ち帰りできたことは非常に嬉しく自信になりました。

なぜ、お持ち帰りができたのだろうか、と考えたところ、理由が二つ考えられます。

・たまたま私の見た目がタイプだった

・求職中という状況で一人で飲む女性はイケる

なのかな、と思います。

別に私は全然イケメンではないですが、女性側の好みも人それぞれなので、まれに好意をもってもらえることはどんな男性にもあると思います。それがみほだったのかなと思います。

また、常連でものないのに、一人で飲みにくる女性は何かある気がします。

みほは求職中という特殊な状況でした。

そんな状況なら誰でも不安定な気分になり、人肌恋しくなるのかもしれません。

そういう女性が時折いるのが野毛でナンパするメリットかなと思います。

もしかしたらそういう一人の女性は平日の方が意外といるかもしれません。

-恋愛

Copyright© 男子校病を恋愛工学で克服するメディア , 2019 All Rights Reserved.