MENU
恋愛

おまいらが考えると誠実さと女が考える誠実さは違う

女が「誠実な人が好き」というときの「誠実さ」とはなんなのだろうか。

この言葉に翻弄されてきた男子校病患者も多いのではないだろうか。

女の「誠実さ」とは「正直さ」のことか?

男子校病患者はなんでも正直に言ってしまう。

女が「誠実な人が好き」というと「あっ、おれのことか」と思ってしまう人も多いのではないか。

ほとんどの男は、本能的に女にセックスを求めている。

なので、男子校病患者は、女にアプローチする際、「セックスがしたくて近づいている」ことを隠さないことが誠実だと思いがちである。

しかし、女は基本的にこれを気持ち悪いと感じることがわかった。

知り合ったばかりで、いきなり性的な視線を浴びせられることが気持ち悪いのだ。

相当なイケメンか、相手が脳みそぶっ壊れたヤリマンの場合にしかうまくいかないだろう。

女の「誠実さ」とは「優しさ」のことか?

 

では、女が「誠実な人が好き」というときの誠実さとはなんなのか?

私は「誠実さ」とは「優しさ」のことだと思っていた時期がある。

しかし、恋愛工学を学ぶなかで、これは違うということに気が付いた。

優しいふるまいをするのはむしろ「セックスが目的である」ことを示唆してしまい、場合によっては正直に名言するよりも気持ち悪い印象となってしまう。

結局女の「誠実さ」ってなに?

私は気付いた。

女がいう「誠実さ」とは「セックス目的ではない」という意味である。

女にとっては当たり前だが、男子校病患者には目から鱗では無いだろうか。

というのは、この意味は辞書に載っていない。

人口の半分いる女にとって当たり前のことなのだから、辞書に載せるべきではないか。

ディスりの有効性

なので、女にアプローチする際、相手をディスると、「この人セックス目的じゃないんだ」となり誠実な印象になる可能性が高い。

なので、最初にアプローチする段階では、優しくするよりディスる方が効果的である。

ただ、女によっては誠実さをそこまで重視しない女もいるので、早めに「不誠実」な面を出したほうがいい場合もある。

どの程度の時間で不誠実な面を出すかは女によるということだ。