男子校、高専、工業卒などで女性や恋愛が苦手な人が恋愛工学を使って彼女やセフレを作るためのメディアです

恋愛

横浜鶴屋町ハブHUBで出会いはある?ナンパ可能?一人で突入!

更新日:

先日の金曜日、気になっていた横浜のHUBに男一人で行ってみました。

金曜日だったこともあり、人でごった返していました。

公然とナンパが繰り広げられるバー

仲良くなったネパール人のおっちゃんによると、金土以外はガラガラだよ。とのこと。

また、桜木町にあるHUBよりもこっちの方が、人が若くて面白いとのこと。

確かに、ほんとにナンパスポットになっていました。

男性7割、女性3割といった感じでしょうか。

8割日本人、2割外国人といった感じですね。

男性は横浜の20代のエリートサラリーマンみたいな人が多かったです。

日産とか野村総研とか大企業多いですからね。

横浜らしいガラの悪いヤンキーというか野球部みたいな人もいます。

女性は普通の20代の人が多そうでしたね。

とにかく混んでいて、定位置を見つけるのに一苦労します。

また、分煙されていないため、めちゃくちゃ空気悪いです。

禁煙している自分は、喫煙欲求を抑えるのに必死でした。

好きあらば男は女性に声をかけるという状態で、フリーの女性を見つけるのは至難の技です。

こんなにナンパが公然と行われる店は、クラブとかでもなかなかないですよね。

不思議な光景です。

日本人の男は、男に対しては結構ピリピリしてます。

外国人の男は、Love and Peaceな人が多く、男女へだてなく仲良くしてくれる感じがします。

金髪女性と出会う!

そんな自分も、声をかけてみました。

幸運なことに、カウンターで一人でいる金髪の小柄な外国人女性がいました。

あえて日本語で、

僕「よく来るんですか?」

金髪「初めて来ました。」

日本語ペラペラでした。

僕「すごいですね。ここ。自分も初めてです。」

僕「どこから来た方ですか?」

金髪「ルーマニアです。」

おぉ、東欧!憧れの地ですね。

僕「何やってる人ですか?」

金髪「データアナリストしてます。」

おぉ、一応エンジニアの自分は話あいそうだと思い、テンションあがります。

この後、仕事の関連の話で、10分間くらい話したあと、彼女は帰るとのこと。

僕「また、話したいな。LINE教えてもらえますか?」

金髪「すみません。彼氏いますので。」

はぁ?LINE教えての返事が「彼氏いますので。」って答えになってねーだろと思いつつ。

笑顔でさよならをする。

その後、隣で見ていたネパール人のおっちゃんとなぜか話す。

おっちゃんいわく「かんぱ〜いって言えば、誰とでも仲良くなれるよ。」とのこと。

結構ここに通って、男女関係なく友達を作っているらしい。

さいごに

今回は一人で行ったけど、男がナンパしに行くなら、二人で行くのがベストだと思います。

今回たまたまレアなルーマニア女性が一人でいましたが、一人の女性はほぼいません。

それかネパール人のおっちゃんみたいに、常連の友達を作り、ナンパしやすくする、というのもありかもしれません。

とはいえ、短時間だとなかなか結果が出なさそうです。長居するとどうしても酒がすすみ、お金がかかります。

いかにお金をかけずに長くいるかを考える必要がありますね。

2017年6月追記

安くHUBを利用するコツとしては、

店員さんの営業には乗らない

お酒を売っている店員さんは結構かわいい女の人がやっていることが多いのですが、一番小さいサイズのお酒を頼むと必ず、

「たった150円プラスするだけで、ワンサイズ上になって量は○倍になりますよ!いかがですか?」

って聞いてきます。

かっこつけて頼みたくなりますが、ここは気持ちを抑えて最初の希望のサイズのままにしましょう。

メンバーズカードを作る

これから真剣にHUBで出会いを作ろうとするかたは、間違いなくメンバーズカードを作ったほうがいいです。

というのは、HUBは常連になってこそ出会うチャンスが広がります。

メンバーズカードを作るには500円かかりますが、すべて5%OFFになるので、ちょくちょく通うならすぐに元をとることができます。

続いて、最近わかったHUBで女性と仲良くなるコツについてお伝えします。

まず男から仲良くなる

HUBであからさまにナンパを目的に来てもうまくいきません。

うまくいく人もいますが、相当なイケメンか、1日に何百回声をかけても心が折れない変態な人だけです。

それよりも、HUBで男も含めて友達を作るくらいの感覚できたほうがうまくいきます。

男で話せる人ができると、どんどんいろんな情報が入ってきます。

何曜日が穴場だとか、何店は可愛い子が多いとか、あの子は彼氏がいない、だとか。

それだけでもかなり有利です。

また、男が2人以上で話していると、普通に女性にも話しかけやすくなります。

「このテーブル、半分空いているよ。」みたいに。

超自然です。

そして、男ともここで出会ったことを言えば、

「この人達、女目当てじゃないんだ。」

ということになり、警戒心がぐっと下がります。

頭の中が、「女、女」という状態になっていると、

こういう発想ができません。

性別、国籍関係なく、仲良い人を増やす、という発想でいくと

結果的に女性と仲良くなるのもうまくいきやすいのを実感しています。

なので、普段女にしか声をかけないかたも、半分くらいは男にも声をかけてみるのがオススメです。

水曜と木曜が穴場

これはあまり書きたくなかったのですが、ここまで読んでくれたあなたのために書きます。

出会いが目的なら、鶴屋町HUBは水と木が穴場です。

金や土などが注目されがちなのですが、実は常連の男は避けていたりします。

確かに、週末は女性の数も多いのですが、ワンチャン狙いの男も非常に多いので競争が激しくなります。なので、ピリピリして雰囲気も非常に悪いです。

よく常連の男の人が教えてくれるのは、「水木はいいよ。」ということです。

木や金が休みの事務職の女性が意外と多いらしく、そういう人が飲みに来るらしいです。

しかも、ワンチャン狙いの男は非常に少なく、常連のアットホームな雰囲気があり、常連の強みが活かせるとのことです。

西口店もおすすめ

これもあまり書きたくなかったのですが、横浜駅西口にもHUBがあります。

実は常連の男は西口店の方を好んでいる人が多いみたいです。

鶴屋町よりもワンチャン男が少なくてやりやすいみたいですね。

ちなみに、川崎の店舗は金・土がおすすめです。以下の記事にまとめました。

no image
川崎のHUBでクールビューティOLをお持ち帰りした話

とある3連休の土曜日、ナンパ仲間と2人で川崎のHUBに行った。 たしか入ったのは21時くらいだったと思う。 土曜日は割と ...

続きを見る

以上で〜す。

では、楽しんできてください。

あっ、僕と一緒に飲んでもいいよという方は、男も女も歓迎ですので、問い合わせから連絡ください^^

-恋愛

Copyright© 男子校病を恋愛工学で克服するメディア , 2019 All Rights Reserved.