MENU
恋愛

好きなタイプがわからない男性は注意!具体化させることで大きな変化が!

これからお話することを理解するだけで、恋愛活動における効率がグッと上がります。

なかなか、好きなタイプと付き合えない、と悩んでいる人はぜひ頭に入れておいてください。

ただし、これはどんな女性でもいいからセックスしたい、という獣のような人は対象ではないので、そういう人は読まないでください。

自分の好きなタイプを説明できますか?

「なかなか好きなタイプと付き合えない。」と悩む人に話を聞くと、いつも同じ感想を抱きます。

「で、あなたの好きなタイプってどんな人なの?」と思います。

実際この質問をすると、芸能人の〇〇みたいな人、とかいう言葉が出て来ます。

「〇〇ってどういう人?」って聞くと、黙りこんでしまいます。

「だって、かわいいじゃん。」とか言い出します。

これって全然説明できてないんですよね。

当たり前ですが、理想の女性をゲットするためには、どんな女性が理想なのかをしっかりと具体化する必要があります。

具体化するとは、私の場合、こんな感じです。

  • 身長は155〜165cm
  • 色白・美肌
  • 骨太じゃない
  • アゴがしゃくれてない
  • 年齢は35歳以下

これは私にとっては最低限の譲れない条件です。

逆にいうと、これ以外の部分は割と妥協できます。

もちろん、欲を言えば、「スレンダー」という条件も入れたいところですが、私の場合は、骨太じゃなければ痩せれば細くなれる可能性があるので、必須ではないのでいれていません。

この程度でも具体化しておくと、恋愛活動での効率が全然変わってきます。

好きなタイプを具体化するとどうなるか

好きなタイプを具体化すると、無駄な行動が減ります。

タイプを具体化していない人の場合、自分のタイプの条件が全てそろっているわけではないのに、一部の要素がとても魅力的で、魅了されて口説いてしまうこともあります。

そんな時、大抵どこかの時点で、あぁ、よく考えると身長高すぎじゃん、などと我に返り、この人とは付き合えないな、と気付きます。

この時点で、時間とお金をかなり無駄に使ってしまっている可能性があります。

ですが、しっかり意識して具体化している人の場合は、最初からそのような人を口説くことはありません。

好きなタイプを具体化する方法

一度今まで現実の生活で好きになった人のことを思い出し、共通点を探してみましょう。

必ずなにか共通する要素があるはずです。

そして、好きなタイプを強く意識できる方法があります。

とりあえず誰かと付き合ってみる

好きなタイプがよくわからない、という方は、理想のタイプじゃなくても、とりあえず付き合ってもらえそうな人を彼女にしている、という方法があります。

すると、その人に足りない部分がどんどん見えてきます。

あぁ、「この人色白だけど、肌があんまりきれいじゃないなー」など。

この場合は、「肌がきれい」というのが今後の条件に入ってきます。

さいごに

具体化することで、自分が妥協できる部分とそうでない部分が明確になり、瞬時に相手がターゲットになるか判断できるようになります。

やみくもにいろんな女性にアプローチするよりも、間違いなっく効率的になります。

一度ぜひ好きなタイプを具体化する作業をしてみてください。